ホーム > スタッフブログ > 住宅と色の話

スタッフブログBLOG

住宅と色の話2019.12.26

こんにちは、設計課の麻田です。

 

アッ!という間に年末になってしまいました。

令和初の年末年始はどんなものになるのでしょうか?

 

2020年は東京オリンピックもありますね。

 

きっと皆さまにとって素晴らしいものとなると思います。

 

IMG_5370

先日社長にお借りした本の中に面白い記事を見つけました。

 

私たちの身の回りにある “ 色 ” なのですが

 

色特有の性質や色彩心理を応用して気分の調節を行ったり、疲労を軽減することを目的とした

 

“ 色彩調節 ” という考え方があるそうです。

 

 

 

赤色は、活動する時に優位になる交換神経を刺激するそうです。

 

アドレナリンの分泌を促し、気持ちを高めたり集中力を高める・脳を興奮させ筋肉の緊張を強めて覚醒させるとか。

 

新国立競技場の陸上用トラックも赤色が採用されてので、たくさんの新記録が期待できるかもしれないですね。

 

 

 

緑色は、赤色とは反対に筋肉を弛緩させ、緊張を解きほぐし、精神安定にも役立ちます。

 

血圧や心拍数を穏やかにし、リラックスさせてくれ健康効果も優れているそうです!

ぜひ、住宅に取り入れたいです。

 

IMG_5349

実際の緑色、植物にも同じ効果があります。

 

空気もきれいにしてくれるし、緊張をほぐしてリラックス効果があります。

もちろんインテリアとして、部屋を華やかに彩ってくれます。

 

 

大きな鉢を置くことができなくても、小さな鉢を数点飾るとリズムも生まれ賑やかになります。

最近は、多肉植物やエアプランツなど手がかからず育てやすいものもたくさんありますので

ぜひ取り入れてほしいです。

 

 

現代人の忙しい日々の中で、植物を育て、愛でる時間を持つことで

 

皆様が、より豊かな気持ちで暮らせると良いなぁと思います。

 

 

 

麻田

 

カテゴリー|

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP