ホーム > スタッフブログ

スタッフブログBLOG

みやざきの巨樹百選(西都市の楠木)2019.04.15

こんにちは、営業の兵頭です。
1年に2~3回ぐらい、西都市の:入船:にウナギを食べに行きます。
今年も、西都原の桜と菜の花を見に行って、お昼を入船で食べました。
いつも、食べたらすぐに、移動するのですが、今回初めて、入船のそばの神社にみやざきの
巨樹があるのに気が付き、見学してきました。
樹木:クスノキ
樹齢:1,000年
幹周:11.5m
樹高:42m
IMG_3529
IMG_3520

自然てすごいですね。(小さな悩みも吹っ飛びました。)
みな様も、一度見学して下さい。・・・癒されます。パワーをもらえるような気がします。

カテゴリー|

2019.04.09

日向店長の清です。

春の季節を迎えると同時に5月からは令和という新しい時代が始まりますが皆様はどんな気持ちでお過ごしでしょうか?
昭和生まれの自分からすると平成~令和へと時代が変わりすごく長く生きてるような感じがしているところです。

今回のブログは春を感じる写真を投稿したいと思います。
自宅の近くにある公園で咲く桜です。
毎年この時期になると朝の出勤時に玄関から見える満開の桜を見て心が和みます。
また一つの区切りとして自分がリフレッシュできる時期でもあります。

IMG_0383 1

IMG_0385 2

IMG_0387 3

カテゴリー|

福は内~!2019.02.03

こんにちは、設計課の石灘です。

 

今日は節分ですが、みなさん豆まきは行いますか?

寒いので窓を開けたくないですが、しっかりと窓を開けて鬼を追い出しましょう!

ただ、インフルエンザもまだまだ流行中なので、しっかりと寒さ対策はしてくださいね。

 

豆まきの際には、「鬼は外、福は内」と掛け声をかけて行いますが、

一足早く福を呼び込もう!ということで、正月の休みを利用して、ある場所に行ってきました。

その名も『おかどめ幸福駅』熊本県球磨郡あさぎり町にある駅です。

DSC_8276  DSC_8285

近くにある「岡留熊野座神社」が「難を留めて幸福を祈る神社」と言われ、昔から「幸福神社」として親しまれてきたことから名づけられた駅名です。日本で唯一「幸福」の名がつく現役の駅です。(あさぎり町HPより)

 

車で行ったので、電車には乗らなかったのですが、数量限定の干支のいのししが切符を抱える幸福行きの切符はゲットしました!

DSC_8467

もちろん、由来の神社にも参拝してきました。ご厚意でお祓いをしていただいた上、甘酒も頂きました。

ありがとうございました!

 

旅行の際には、なぜか神社巡りをしたくなる石灘家。

気づけば、初詣やどんど焼きなどでの参拝を含めると、半月で11社も参拝しておりました!

神様同士でけんかをしてしまっているでしょうか…汗

とはいえ、今年はなんだかいい年になるような気がしております。

 

今年も皆様の幸せなマイホームづくりのお手伝いをさせていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー|

被害建築応急危険度判定士の活躍!!2019.01.31

こんにちは。

設計課 田口です。

 

インフルエンザが大流行しておりますが、皆様体調は大丈夫でしょうか。

 

先日、『被害建物応急危険度判定講習会』を受けてきました。

記憶に近い災害として大きかったのが熊本地震。

その時にも応急危険度判定士は活躍しおり、日向市からも5名の判定士が熊本へ足を運び、判定をしていました。

(※応急危険度判定士とは…都道府県知事の要請により応急危険度判定を行う技術者のこと)

判定結果は、赤・黄・緑の判定ステッカーで表示し、住民や歩行者等に危険情報を提供することで、「人命に関わる二次災害を防止する」ことを目的としています。

熊本地震が起こった時に、応急危険度判定士という方がいることを知りました。

危険情報の提供をいち早く行いかつ正確に伝える責任があるのだと受講を通して感じました。

若手の判定士も少ないのが現状です。機会がある際には、積極的にそのような現場に足を運んでみたいと思います。

 

日本には、まだまだ建築基準が改正する前に建築された建物がたくさんあります。

熊本地震の際にも、全倒壊や半倒壊といったもう住むことのできなくなった建物の多くは、

1981年以前のものが多く、1981年~2000年新耐震基準が改正して建てられた建物に関しても、倒壊はまぬがれても半壊や一部損壊といった被害が報告される中、耐震等級3と報告されていた木造住宅は、一部損壊もありますが、ほとんどの建物が無被害という結果が報告されました。

 

耐震等級とは・・・・

建築基準基準法が求める耐震性能を耐震等級1(一般の住宅)としたとき

 

等級2・・・1.25倍  病院・学校など避難所となる建物の耐震性

等級3・・・1.5倍  消防署・警察署などの防災の拠点となる建物の耐震性

 

の耐震性能になります。単純に壁の量を増やすだけでは、この数値にはなりません。

(上下階の柱が揃うように設計している。背骨となる部分に重要な柱が残っているなど…設計の段階から構造まで設計を行う必要があります。)

 

メーカーさんの中にも、耐震等2相当という言い方をしているメーカーさんもありますが、それは、建築基準法でいえば、等級1にしかなりません。(相当・・・証明はされていません)

等級2・3と証明することができれば、地震保険料にも大きく差が出てきます。

 

チトセホームでは、全棟耐震等級2以上です。

第三者機関で構造計算を行っており、等級の認定を受けています。

なかなか構造というと認知されにくい分野ですが、一番重要な部分です。

構造・耐震についてまだまだ興味を持っておられる方は少ないと思いますが、ぜひ少しでもご興味がありましたら、チトセホームへお越しください。

 

先日、土日に2棟同時展示会を行いました、モデルは、耐震等級等級3の建物です。

モデルⅠ木原モデルⅡ

土日お越しいただけなかった方もおられるかと思いますが、お電話いただければ、ご覧いただけます。ご連絡お待ちしております!!

カテゴリー|

休日の体力づくり2019.01.14

こんにちは、メンテナンス担当飯田です。

体力も衰えてきたので今、ウォーキングに頑張っています。
コースは米の山駐車場迄車で行き、そこからウォーキングで日豊国定公園の細島灯台経由~日向岬までの往復約2時間です。
途中にはクルスの海展望台や釣り好きの方にとっては絶好の釣り場が点在する日向を代表する観光地です。

体力増強には眺めも良いし、他県から来られた方とも交流できますので、ゆっくりと歩いてみてはいかがでしょうか。

PA179039
PA179044
PA179050

カテゴリー|

カレンダー

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP