ホーム > 私たちの家づくり > 長期優良住宅について

私たちの家づくりCONCEPT

チトセホームは
全棟長期優良住宅

高品質な住宅を建て、しっかりと手入れし、
末永く住む。チトセホームでは全棟に
長期優良住宅の認定を受けています。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、2009年6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(通称「長期優良住宅普及促進法」)に基づくもので、国が認定基準を設けた「長持ちする良い家」の事を指します。長期使用に必要な①建物性能の確保をはかること、②維持保全計画の策定を行うことの大きく2つの認定基準を満たした所有者等は、所管行政庁に申請を行うことにより、長期優良住宅としての認定を受けることができます。

長期優良住宅の6つの性能項目

1耐震性

耐震等級2以上
建築基準法の1.25倍の建物強度を保つこと(数100年に1度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度)
構造計算
建物を計算する際、安全性を客観的な数値で計算すること。

2省エネルギー性

省エネルギー対策等級4
必要な断熱性能等の性能が確保されていること。
温熱環境計算
等級基準値である、Q値(熱損失係数)・μ値(夏期日射取得係数)・結露防止対策を算出します。

3維持管理・更新の容易性

維持管理対策等級3
耐用年数が短い内装等について維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
履歴管理
建物及び、維持保全の状況に関する記録を作成して保管・管理すること。

4劣化対策

劣化対策等級3+追加措置
建物の構造躯体が数世代にわたり使用できるものであること。

5居住環境

各所管行政庁が定める基準
良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること

6住戸面積

居住水準の確保するために必要な規模を有すること
75㎡以上かつ、少なくとも1の階の床面積が40㎡以上であること
PAGE TOP